会社に行くだけでお金がかかる

私の働いている会社には制服はありません。
それに、クリエイティブ系の会社なので、みんなそれなりにおしゃれな格好をして来ます。

もともとファッションや流行に興味のある人達が多く集まってくるので、当たり前といえば当たり前なのですが。

自分自身も、この会社に入る前までは流行に敏感な方だと思っていました。

でも私の考えが甘かった様です。
みんな同じ服なんて二度と着ないんじゃないかって言うくらいおしゃれで、毎日違うものを持っています。

給料は悪くないのですが、全身ブランド物にしたり毎日違う物を着るほど良くもありません。
正直いってみんなどうやっているんだろうと思います。

私はそのことでお金がないです。
別に、会社に強制されておしゃれしたりしているわけではないのですが、やっぱり周りの目があります。

安い服や、同じ物を着ているとみんなその話をしています。
だから、必死で雑誌を読んだりして、流行におくれない様にしています。
ネットでの情報収集やおしゃれな場所に行ってみたりして、少しでも遅れないようにしています。
それに食費を削ってでも服や靴、鞄などに使います。

持ち物や服装だけでなく、メイクやどのサロンへ行くかなども重要で、それにもお金がかかります。
ヘアーも毎月数万円かかりますし、ネイルもかかせません。
同僚とランチやディナーなどに出かけても、やはり話題の中心はファッションの話になります。
それについて行くにはそれはそれはお金がかかることなのです。

たまに、自分でなにをやっているのか馬鹿馬鹿しくなることもありますが、憧れて入った会社ですし、この会社で働けることは私はすごくうれしいのです。

でも会社で給料をもらっても、ほとんどがファッションに消えてしまうので、稼ぐために来ているのか物を買うために働いているのか解らなくなることもしばしばです。

自分の給料だけではとても追いつかなくて、カードで買ったりしています。同僚も言わないけれど、きっと同じだと思います。もうすでにお金ないのにカードの支払いでさらにお金ないです。

ゆくゆくはこの知識を生かして、自分のお店を持てたらいいな、とも思っていて、今勉強中です。
運転資金もいりますので、借りれるローン会社を調べている所です。⇒事業者ローン 運転資金

お店を出すのは大変なことだと思いますが、最近お店を出した先輩にアドバイスを受けながら、今までの知識と経験を活かせるように、日々過ごしたいと思っています。

はっきり言って貯金貧乏

私の家庭は旦那、私、娘の3人家族なのです。娘はまだ2歳で小さいので保育園に入れずに私が家で育てているので、旦那が一人仕事をし旦那だけの稼ぎで家計をやりくりしています。

マイホームローンにオール電化リホームローン、蓄電池設置ローン、自動車保険(旦那と私の分二台)子供の学資保険、私たち夫婦の生命保険とで月々に13万円ほど必要出費があります。
それから食費を別に計算して、電気代、水道代を払い、旦那にお小遣いを渡し、車検代を別口で貯金して、貯蓄貯金を差し引いて残ったお金が生活費になるのですが、手取り36万円の給料の中で全てを差し引いて残ろるのは、たった3~4万円程度なのです。逆に言ってしまえば、3~4万円は家族で遊ぶお金という事なのですが、子供の服を買ったり何だかんだ家庭のもの買ったりして遊ぶお金は殆どないのです。

そんな中5月になると税金の山です。固定資産税に自動車税もきて家の保険や自動車保険の更新などもきて、現時点でも余裕がないのにこの頃になるともっともっと余裕がなくなり貯金額を減らして税金を払っていかなければいけないのです。
お金がないときにゴールデンウィークで大型連休、旦那はお金がないのを知らないのかあっちも行きたいこっちも行きたい。ここの温泉行きたいとか好き勝手言っていて、私の知らない間に予約を入れていたりして今!一番お金がない時期なのに何も考えずに勝手な事をして結局貯金を崩して旅行に行く事になりました。せっかく私がコツコツ溜め込んだお金をパーっと使ってしまいまた一から貯金をしなくてはいけなくなりました。

来年住宅ローンの繰上げ返済をする予定でそのために200万円程貯める予定だったのですが、来年繰上げ返済をするのは厳しくなりました。まだ固定資産税も1回分しか払っていないのでまだ8万円ほど納税額が残っていますし、来年1月2月に所有車二台車検なのでその為にも出来るだけ貯金しておきたいのですが、なかなか思い通りにいかず、これ以上どうすればいいのか何を我慢すればいいのかわからなくなってきてしまいました。

どの家庭も5月は大変そうです。友人とそんな話をしていると、専業主婦でも借りれるカードローンを教えてくれました。最終手段はこれですね。
※教えてくれたサイト・・・専業主婦でも借りれるカードローンは?銀行なら借りれるみたい!

とりあえず子供がいても仕事が出来るところを探して少しでも早く、働きに出たいと思っています。

連日スーパー銭湯に

もともと温泉が大好きで休日は日帰りでドライブを兼ねて温泉巡りをしていました。また休日以外でも時間があれば夜に近所のスーパー銭湯に行っていました。

外回りの仕事なので、休憩時間に通りすがりのスーパー銭湯に入って一休みすることもあります。はじめのうちは妻も付き合ってくれていたのですが、お金の無駄遣いになるということで、一人で行くことも多くなりました。

このように自他共に認める温泉好きなのですが、先日家のお風呂が故障してしまいました。すぐに修理すれば元通りになるのですが、故障を理由に一カ月連続でスーパー銭湯に通ってしまいました。

毎晩手足を伸ばしてお湯に浸かったり、サウナに入ったり、体をきれいに洗ったり、しまいには寝湯で寝たりして幸せな時間を過ごしていました。

一回にだいたい二時間以上はお風呂の中で過ごしていたと思います。スーパー銭湯といっても割引で一人600円くらいはしますが、私の中では安いものだと考えていました。

しかし一カ月で計算すると二万円近くになります。家計簿をつけている妻にさすがに怒られてしまいました( ゚Д゚)

お風呂を治すのに結構お金がかかってるのに、それに輪をかけるように銭湯で無理にお金を使わなくても!!って。

でも好きだから仕方ないじゃないですかね。。。

でもさすがに生活費が足りなくて、このままだとお金借りないと生活できない、って言われると諦めるしかありません。

その後不況になりあまりお金を掛けられなくなったので、最近では地方にある無料の共同浴場を探してはお得に温泉を楽しむことを趣味にしています。

急に不景気になって貧乏体験

以前一人暮らしをしていた時の事ですが、販売の派遣の仕事をしていて最初の頃は仕事がありすぎて体がもたないくらいだったのですが、数年後には派遣販売員の仕事がだんだん少なくなってきたのです。

それは社会全体の景気が悪くなったのと、同じような派遣会社が増えて仕事の争奪戦になったのが主な原因のようでした。

それで今まで1日8000~10000円を月に20日働いて170000円程度稼げていたのが、急に月に10万円ぐらいしか収入がなくなったので、家賃を払うも苦しくなってきたのです。

お金が足らなかった時は、女性でも利用しやすいキャッシングでお金を借りていたんですが、さすがにいつまでもお金を借りて生活するわけにはいきません。

そこで節約生活を始めたんです。家賃が55000円の物件に住んでいたので、仕方なく食費や光熱費を抑える事にしました。

寒くてもエアコンをいれずにいつも布団にくるまって生活して、食事もインスタントラーメンにもやしやタマネギを入れて食べるか、豆腐、ご飯に醤油をかけただけといった限られたメニューにしました。

食事を作る際にもガス代がかかるので、簡単に出来る物ばかりに絞りました。 そのせいでいつも貧血気味でお肌が荒れ放題でした。

ヘアケアも100円ショップの物しか使わなかったので、いつもぱさぱさできしんでいました。

もう二度とこんな貧乏生活をするのは嫌なので、結婚してからはたとえ主人のお給料だけで充分暮せても、老後のためにと用心して日々空いた時間を有効に使って在宅ワークをしているのでした。

もう本当に貧乏生活はコリゴリですね。。。やっぱり生きていくためにはお金が大事です。世の中お金ではないと言う方も多いと思いますが、正直キレイごとだと思ってしまいます。

やっぱりそれなりにお金がないと幸せにはなれないと感じています。

バイト経験談

私が22歳の時のことです。

4年していた正社員を辞め仕事を探しながらアルバイトをしようと思い漫画喫茶にアルバイトが決まりました。

5か月ほどお世話になりましたね。そこは24時間営業でモーニング、ランチもあるところでした。

慣れるまでは、退室後の個室の掃除やドリンクバーの入れ替え、本の整理などをしていました。

なぜか最初の1か月は長くいるバイトの先輩に仕事は店長に聞いて!私は教えない!と言われて、それはやり方が違うし!とか店長に教えてもらった通りにしたことに対してなぜか怒られてましたね。

何もやらないで!とか理解できないことを言われてました。軽いいじめですよね。

原因を聞いたら、先輩に対する言葉使いだったらしいです。これは、気を付けなければと今でも思いますね。 でも気が付いたらそういう軽いいじめは終わってましたね。

24時間営業なのでさまざまなお客さんが来店されるのですが、常連さんがいて店で知り合ったと思われるお友達と待ち合わせしてひたすらオンラインゲームをオープンの席で隣同士でやっていたりしていました。

3日間も個室にいらっしゃるお客さんもいて後片付けをだれがするかって雰囲気になった時に、入ったばかりの私がやることに、、、個室に入った瞬間、、かなりの異臭がしましたね。

たばこの吸い殻はすごいしなぜか全体的にベタベタですごい大変だったのは何年経っても忘れられないです。

あとは本がなくなることがよくありましたね。30巻まである単行本が13巻だけないとかよくありました。 漫画喫茶も来店する側だと楽しいけど仕事する側は大変だなと感じました。

この後に働いたバイト先は、本屋のアルバイトだったんですが、マンガ喫茶と比べると凄いのんびりしていて楽な仕事でしたよ。

他の店員の方たちも凄いいい人たちばかりだったし、マンガ喫茶と時給もほとんど変わらなかったので、最初から本屋さんで働いておけば良かったと思いましたね。

お金は大事

お金ってホント大事ですよね。お金がないと食べ物を買うことが出来ないから生きていくことが出来ませんから。

なので頑張って働かないといけないと思って働いてはいるのですが、なかなかお金ってたまりませんね。いっつもお金がない状態なので、ちょっとでもお金が欲しいです。どうにかならないかなー。